アニメ版甘さと稲妻。圧巻の豪華声優陣!

アニメ版「甘さと稲妻」は豪華声優陣についてお話して参ります。

妻を亡くし、男手一つで娘のつむぎを育てることになった、高校教師の公平。家事、仕事と慌ただしく、食事はいつも出来合いのもので済ませていました。

つむぎも父親に気を遣い、毎日買ってきたお弁当でも我慢しています。本当は食いしん坊で、もっと美味しいものが食べたいにも関わらずです。

そんな2人の生活が、公平が副担任をつとめるクラスの女子生徒、小鳥と出会うことで一変していきます。

定期的に小鳥と公平で一緒にご飯を作り、3人でご飯を食べるという生活が始まるのです。料理を通じて、公平、つむぎ、小鳥が家族愛であったり、食事の大切さに気づいていきます。

そんな心温まる人気漫画「甘さと稲妻」が2016年に、アニメ化されたのですが、当時は豪華声優陣とのことで非常に話題となりました。

高校教師、犬塚公平を演じるのは、声優、ナレーターとして活躍されている中村悠一さん。中村さんの代表作には「おおきく振りかぶって(阿部隆也役)」、「おそ松さん(松野カラ松役)」などがあります。

コミカルな役から、頼れる兄貴的な役まで幅広く演じられる実力派の声優です。

公平の愛娘、つむぎを演じるのは、遠藤瑠菜さん。アニメの声優はもちろん、4歳の頃より子役として活躍し、ドラマ「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」を始め、大河ドラマ「天地人」にも出演経験があります。

そして、料理屋の娘であり、公平と一緒に料理をすることになる飯田小鳥を演じるのは、声優、早見沙織さんです。

早見さんはアニメ「鬼滅の刃」の胡蝶しのぶ役など、アニメの中でも重要な役割を演じることも多い、人気声優となっています。

こうして見ると、アニメ「甘さと稲妻」は人気、実力を兼ね揃えた豪華声優陣になっていることが分かりますよね。

なぜこのような素晴らしいアニメが深夜帯での放送になったのでしょう。深夜アニメにはもったいないくらいの顔ぶれですよね。

また、5歳のつむぎを当時小学生だった遠藤さんが演じました。幼稚園児の舌足らずな感じがとても可愛らしく、わんぱくで食いしん坊なキャラクターを見事に演じあげていますよね。

遠藤さんの演技力もあり、つむぎの可愛さが際立っています。

アニメを通して、「こんな可愛らしい娘が欲しい!」とキュンキュンさせられたつむぎファンも多いはずです。

そのつむぎを暖かく見守る、公平も優しい雰囲気が出ていますよね。生徒にもきちんと敬語で接しているし、真面目でシャイな感じがとても好印象です。

小鳥も、公平と一緒につむぎを見守る優しい雰囲気が伝ってきますよね。母親がいつもいない中で、お店を守ろうとする健気さもあります。

最高な声優陣のキャスティングのおかげでアニメ版「甘さと稲妻」では原作以上に登場キャラが生き生きとしているように感じます。

アニメ版「甘さと稲妻」の人気は、ストーリーだけではなく、キャラクターを作り上げる声優陣の演技力にも支えられているのですね。

面白いブログ:美味しいごはんを食べてオンラインカジノで遊んじゃおう

Posted in SP